記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産セレナ アイドリングストップ

セレナのアイドリングストップ

作動する条件についてまとめてみました↓


アイドリングストップが作動には

少し動いていることが必要で

前提条件としては

・エンジン・CVTの暖機が完了していること

(水温35℃~100℃、バッテリー温度5℃以上、CVT油温21℃~107℃)

・時速20km以上で走行(ABS診断のため)

・約1分30秒以上の走行(エンジン診断のため)

・アイドリングストップが可能なバッテリーの状態であること



アイドリングストップに入る条件

1秒以上ブレーキをしっかりと踏んでいるときになります。


アイドリングストップしない場合

・時速8km以内の走行ではアイドリングストップしません。

これは渋滞や車庫入れなどの想定のようです。

・傾斜が14%を超える坂道ではアイドリングストップしません。

これはショッピングセンターの立体駐車場スロープの傾斜を想定しているようです。

・熱線リヤウインドウを使用しているとき

・曇り取りスイッチを使用しているとき



エンジン再始動の条件は

・ブレーキを離したとき(0.3秒で始動!)に再始動

・ハンドルに力をかけたとき(ブレーキを踏んでいても始動します)

・Pレンジでアイドリングストップ中にシートベルトを外したりドアを開けたとき

これはエンジン切り忘れ防止のためになります。



アイドリングストップ中の電装品使用については

・ナビ、オーディオ、ライト、ウインカーなど電装品は使用可能です。

ただし、目安としては、冷房時に30℃を超えた場合

暖房時に20℃を下回った場合にエンジンが再始動します。


色々な想定が反映されていて

調べてみると面白いですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。